骨盤 種類

足の開き状態で骨盤タイプ診断!

動いていない骨盤には脂肪が付いてきてしまいます。反対に動いている骨盤の周りには脂肪ってつきにくいんですよ!足の開き方で骨盤を診断してみて下さい。

 

ひらき傾向骨盤

骨盤が開く傾向タイプの人は足の状態が両方に開いています。

 

主に体内の水分が腸に溜まりやすく、下半身の血流が悪く、冷え性に人が多いようです。また基礎体温が低い為に不妊症などになりやすい傾向があります。

 

しまり傾向骨盤

骨盤が閉まっている人はこのタイプが多いです。足の状態が、ほぼまっすぐで90度も開かない人はこれが当てはまります。

 

痩せ身の人に多いのが特徴です。寝付きにくい、ストレスが溜まりやすいなどの傾向があります。骨盤が閉まりすぎていると拒食症になるケースもありますので注意して下さい。

 

かたより傾向骨盤

足が片方だけ開いている人です。

 

体が歪んでいて思わぬ所に脂肪がつきやすいです。このまま放置しておくと更に悪化して、骨格まで変形してしまうようです。骨盤の歪みを正しく治して骨盤バランスを整えましょう。

 

ニュートラル骨盤

足の状態が90度位に開いている状態です。このタイプは骨盤が上手に動いている人です。

 

股関節がしなやかに動いて、体の動きもスムーズです。また姿勢も綺麗です。現状維持をするために骨盤をしっかりとホールドしましょう。